心のABC理論

心のABC理論とは?

ABC理論は、臨床心理の権威である
米国のアルバート・エリス博士が提唱した認知療法の一つです。
ABCは、それぞれ次のような意味を示します。

もともとはABCの3つだけでしたが、
現在ではそれにDとEが加わりABCDE理論となりました。

ABCDE理論の意味

Activating Event(出来事や外部からの刺激)
Belief(受け止め方、認知、解釈)
      RBRational Belief(合理的な良い思考)
      IBIrrational Belief(非合理的な悪い思考)
Consequence(結果)
Dispute(反論、またはDialogueとして自問自答)
Effect(効果や影響)

Aの出来事は現実に起きた事実で、
変えることのできないものです。

この事実をどう捉えるかは、Bの受け止め方次第です。

Bの受け止め方には、合理的な思考(Rational Belief=RB)と
非合理的な思考(Irrational Belief=IB)があります。
合理的な思考はストレスを生みにくい「良い思考」、
非合理的な思考はストレスを生みやすい「悪い思考」といえます。

このBの受け止め方は、自分で変えることができます。

つまり、事実を変えることはできないものの、
受け止め方=認知は変えられるのです。

認知のしかた(B)によって、
Cの結果は良い方向にも悪い方向にも変わります。

私たちは、何か自分の身に降りかかった出来事に対し、
「よかった」とか「悔しい」とか感情を持つ。

だから私たちは単純に、この場合の因果関係を
〈A〉→〈C〉であるかのように思いがちである。
起きた事すなわち 良い/悪いといった具合に。

ところが実際は、その感情〈C〉を
引き起こしているのは、出来事〈A〉ではなく、
その出来事をどういった信念〈B〉で受け止めたかによるというのが
この理論の核心です。

すなわち、因果関係は 〈A〉→〈C〉ではなく

〈A〉→〈B〉→〈C〉と表されます。

 

 

 

更に、自分の思考をストレスを生みにくい良い思考へと
切り替えていくために、DとEのプロセスがあります。

DはオリジナルではDispute(反論)と定義されていますが、
日本人にはきつく感じる印象があるため、

私はこのDをDialogueのD、
つまり自分との対話、
自問自答と置き換えています。
Dの対話によって、Eの効果や影響が生まれます。

新しい価値観があなたの中に芽生えるのです。

つまり、出来事(A)に対して、
悪い受け止め方(B/IB)をしたことによって、
不安やストレス、怒りや不満といったネガティブな感情を持ったとき

(C)自分の受け止め方を自問自答して
(D)多面的に捉えて良い受け止め方
(B/RB)に修正すると、適切な感情や行動が生まれる
(E)…というのがABCDE理論の一連の流れです。

 

結論から言いってしまうとABCDE理論は
「”感情や結果”は、”出来事”に対する
あなたの信念、考え方、思い込み”によって生み出される」
という理論です。

 

自分の受け止め方を変えられるということは、
出来事に対して自分が何を考え・何を感じているのか?が
しっかりとあなたの意思によって認識できるということです。

ですから、自分の選んだ受け止め方に対して
責任を持つ必要があります。

 

 

ABCDE理論のテクニック

 

それではABCDE理論の枠組みが理解できたところで
実際にどのように使っていくのかを
説明させて頂きます。

A(出来事)
上司に仕事の上でのミスを指摘された。

B(受け止め方)/ IB
上司は気に入らないことがあるとすぐ指摘し始める。
これくらいのミスは誰にでもあることなのに、
ばぜか私ばかり注意を受けているような気がする。

C(結果)
自分ばかり注意する上司に対して怒りを覚え、
「私を嫌っているのではないか」と不安にもなる。

D(反論、自問自答)
上司は本当に私のミスばかり指摘しているだろうか。
ミスがあれば、ほかの人でも同じように指摘しているのではないか。
私がミスを指摘されるのは、
それだけ不注意なミスが多いせいかもしれない。

E(効果や影響)
上司からミスについての注意は受けるが、
私の仕事の能力や人格そのものを
否定されるような叱り方はされていない。

まずは不注意によるミスをなくすように努力してみよう。
BとDの部分でしっかり対話をする事で
新しい効果=価値感Eがあなたの中に芽生えるのです。
Dの自問自答を大切に行ってください。

ABC理論とインナーチャイルド

 

上記の例えの通り
このDとBの対話の質が重要になってくるのです。

ここであなたのインナーチャイルドを癒すことが
必要不可欠になってきます。

 

なぜなら考え方や捉え方を無理に変えようとすば、
痛みや苦しみを伴います。

なぜ簡単に変わらないのか?
それはインナーチャイルドが変わる事を拒むのです。
なぜ拒むのか?

その答えがわからない場合
あなたはまだインナーチャイルドと言うものを
しっかりと理解していないからです。

そこで一般的には語られない
インナーチャイルドの本質をお伝えしたいと思います。

下記のピンク色の文字をクリックして
さらに理解を深めてください。

インナーチャイルドとは?