恋愛がうまくいかない。。

もしあなたが「恋愛がうまくいかない。。」とお悩みなら、

もしかしたら「見捨てられ不安」ではないでしょうか?

見捨てられ不安は文字通り
「見捨てられるのではないか」という
不安なのですが、
恋愛でこれだあると、
相手にしがみつくような態度になり
結局ふられてしまうのです。

 

これから、インナーチャイルドという視点から
「恋愛がうまくいかない」と「見捨てられ不安」の
関係を解明していきます。

 

1、見捨てられ不安とは

「見捨てられたくない!」と強い不安を持った心理状態です。

この不安は乳幼児期からの親との関係で
「十分に愛されている」という安心感を
体験できなかったために起こると言われています。

親に面倒を見てもらわなければいきていけない小さな子供にとって
「見捨てられるのではないか」という不安は深刻に心に影響します。

この深刻な不安は潜在意識に深く刻み込まれて、

恋愛や夫婦関係、友人関係など信頼関係を築く時
この不安にスイッチが入ってしまい、
関係がうまくいかなくなるのです。

 

もし、あなたが
「なぜ、いつも恋愛がうまくいかないのだろう」

思っているのなら
次の「見捨てられ不安の原因と症状」に心当たりはないか
チェックして見ましょう。

2、見捨てられ不安の原因

あなたは幼い頃、お母さんから

「十分受け止められた」

「無条件に愛された」

「安心感をもらえた」

という経験がたっぷりありますか?

逆に

親から否定された

両親の喧嘩、不仲、DVの体験

安定した両親の存在がない

という体験をしましたか?

 

そして、一人でいても安心できる自信は

赤ちゃんの頃、泣いた時に世話をしてもらって得る安心感、

歩き始める頃の見守ってもらえているという安心感、

癇癪を起こした時でも「感情を素直に出しても大丈夫」という安心感を

親から受け取っていなければ身につかないのです。

 

 

人は「ありのままの自分でいていい」という自信や
「親はいつでも見守っていてくれる」という安定感を持てないまま育つと、
心のどこかに「見捨てられるのではないか?」という不安がつきまとうのです。

 

そして今感じている「見捨てられ不安」は
幼い頃感じた不安なのに気づいていますか?

つまり、「見捨てられ不安」は
不安だったインナーチャイルドにスイッチが入って、
今、その不安を感じているのです。

 

3、見捨てられ不安の症状

「見捨てられ不安」を持っていると【無意識】で、

*見捨てられたのではないかという不安で
なんども電話やメッセージを送る。

*相手の動向をストーカーのごとく知りたがる。

*見捨てられたくないので相手のいいなりになる。

*ちょっとした言葉に裏切られたような感じがして攻撃的になる。

*フラれるのが怖いので相手が嫌がることをしてフラれるように仕向ける。

*どんなに暖かな優しさや愛情を送られても気づかない

*相手を失いたくないという思いから
「相手を束縛する」「執着する」「しがみつく」「依存する」

*極端な行動では相手の愛情を試すために
「自暴自棄」「自傷行為」「自殺宣言」をしてしまう

 

こうなると相手はその関係が負担になり、
結局今までの信頼関係が壊れてしまうことになってしまいます。

 

あなたはこんな体験をもう何度もしてきたのですか?
そろそろそんなパターンから脱出しませんか?

 

では次で「見捨てられ不安」を克服しましょう。

4、見捨てられ不安の克服

4−1見捨てられ不安の原因を見つける

まず初めに、「見捨てられ不安」であることに気づきましょう。
そして、「見捨てられ不安」であると認めましょう。

幼い頃の親との関係を振り返り、どんな出来事の
どんな不安があったのかを見極めます。

 

例えばお父さんとお母さんが激しく言い争いをして、
お母さんが小さな弟だけを連れてしばらく家を
出ていってしまった。

たとえ、三日後にお母さんと弟は帰ってきて
家族は元どおりになったとしても、

その時感じた「お母さんから見捨てられた」という感情は
心の深くに記憶されていませんか?

 

または両親がいつも忙しくしていていつもひとりぼっちだった。
こっちを向いて欲しかった。

声をかけてもらいたかったのにまるで
私が存在していないように
振る舞われたという記憶はありませんか?

 

4−2その不安に対してどうして欲しかったのかを思い出す

「私のことを気にかけていることを言葉にして欲しかった」

「私のことを大好きだといって欲しかった」

「泣けてくる時や怒れてきてしまう時でも嫌わないでほしい」

「甘えたい」「ハグしてほしい」

他には?

 

4−3インナーチャイルドを癒す3ステップ

「見捨てられ不安」はあなたのインナーチャイルドなのです。

インナーチャイルドが
「見捨てないで!」
「私をちゃんと見て!」
「私を大事にして!」と叫んでいるのです。

 

ステップ1

幼い頃、どんな出来事からそんな不安を感じたのかを明らかにして、
小さなあなたが
「して欲しかったこと」
「かけて欲しかった言葉」を
今のあなたが語りかけて、
小さなあなたを安心させてあげましょう。

ステップ2

不安になった時、その瞬間を捕まえて
果たしてこの不安は今の不安なのか?
過去の不安なのか?
見極めましょう。

過去の不安に翻弄されているのがわかったら
「これ以上、翻弄されない」と決めましょう。

自分軸で決めるということです。

ステップ3

「自暴自棄」「自傷行為」「自殺宣言」が出たり
あなた一人でインナーチャイルドを癒すのが難しかったり、
不安に負けてしまうなら

インナーチャイルドセラピストのインナーチャイルドワークを
受けることをお勧めします。

インナーチャイルドセラピストとのワークは自分でやるときのように
脱線することなくワークを進めることができます。

 

幼い頃何が起こったのか、その出来事にどんな解釈を
子供の自分がつけたのかがわかりますし、
親の事情も知ることができます。

それらを知った上で子供のあなたがどうするのかという
決断をすることで潜在意識の書き換えをします。

もし、親が健在であれば、その頃のことを話してみるのも
おすすめです。

親からあなたの期待するような返事は返ってこないかもしれません。

または、お互いが分かり合えて和解ができるかもしれません。

 

どちらであっても、あなたが「見捨てられ不安」に対して
「私はどうするのか」というあなたの姿勢を決めれば良いことなのです。

5、まとめ

「見捨てられ不安」は幼い頃に親との関係でできた
「親から見捨てられるのではないか」という不安が元になっています。

そんな不安は、恋人、夫婦、友人など信頼関係を築きたい時に
「相手から見捨てられるのではないか!」とスイッチが入ることで

無意識に相手に対して
しがみついたり、
ストーカーになったり
束縛したり、
過剰な反応をしたりして
相手からうんざりされてしまうのです。

これ以上、同じ失敗を繰り返さないために
円満な人間関係を築くためには「見捨てられ不安」の
インナーチャイルドを癒すのがおすすめです。

 

インナーチャイルドセラピストとのワークで
手際よく癒すのもよし。

実際、親と対話をして和解するのもよし。

 

そして過去の不安に縛られることなく、
あなたに主導権を取り戻しあなたらしく
恋愛も夫婦関係も友人関係もお楽しみください。

 

関連記事

  1. 自信がないを克服

  2. インナーチャイルドと鬱の関係とは?

  3. インナーチャイルドといじめ

  4. 怒りとインナーチャイルド

  5. 彼氏・旦那・夫のインナーチャイルド

  6. インナーチャイルドとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ