インナーチャイルドとDV

インナーチャイルド癒しの効果恋愛・男女DV編

 

この記事では、著者であるHANAが実際に体験や経験した
彼氏・旦那さんのDVについてのお話です。

今回はインナーチャイルドとDVの関係について
お話しさせて頂きます。

 

更にDVの原因が女性側
つまり彼女奥さんの中にある
インナーチャイルドについて
お話しさせて頂きます。

 

1彼氏・旦那がDVになる理由

 

男女の関係=恋愛・夫婦関係って
とても難しいですよね?

実はこの男女の関係の中にも、
インナーチャイルドが
潜んでいる場合があります。

例えば彼氏や旦那さんがDVになってしまったり、
浮気したりする場合
ここではまず、男が悪いというのではなく、

女性側のインナーチャイルドが
関係しているかもしれないと言う
角度でお話をさせて頂きます。

 

例えば私が携わった事のある
クライアントの場合(女性)ですが
3回結婚しましたが、3回ともDVの男性だったそうです。

 

いろいろカウンセリングしていくうちに、
原因がわかりました。
実はこの女性がいつも口にしていた言葉が、
男性をDVに育てていたのです。

 

えっ?とそんな声が
聞こえてくるのがわかります。
その男性はもともとDVではなく、
この女性がDVに育てていたのです。

この女性が言っていた・・・
その言葉とは「私が守ってあげなきゃ」

という言葉でした。意外でしょ!?

1−1DVを引き起こすインナーチャイルド

 

続きます。
この女性には
守ってあげなきゃという意思があったので

男性がお金に困っていたらお金を貸し、
〜に困っていたら言われるがまま、
助けていたそうです。

困っていたらその都度助ける

実はこの行為を重ねる関係を続ける事こそが、
男性側のDVを育てていたのです。

この関係を再度吟味してください。

男女関係というよりは、
母と子の親子関係に近いですよね?

バランスの良い男女関係・夫婦関係が
「横の関係」だとすれば
この女性の場合

完璧に縦の関係になっています。

いいバランスの大人の関係ならどちらかと言えば、
女性が守ってもらいながら男性を支えると言った具合です。

こうやって紐解いていくと関係性の中で、
DVを育てている場合があるのです。
(注:全部がそうだという意味ではありません)

そんな男女の関係が親子のような関係になる場合、
子供がいつしか反抗期になってくるのと同じ原理で、
DVになってくるのです。

つまり過干渉になりはじめたぐらいから、
この傾向(DV)は見られます。

 

1−2彼女・奥さんに潜むインナーチャイルド

 

上の話の続きから書きます。
更に女性はこの反抗期の男性をどうにかしなきゃと思い、
『もっとまもらなきゃ』と行動に出ます。

そして反抗期の男性は更に反抗期(DV)
になっていくのです。

 

優しくして守ってあげているのに、
男性側のDVがどんどん酷くなっていく。

実は関係性の中でDVを増幅させていることに、
気づいてないのです。

ここで私がこの女性にお伝えしたことは、
愛し方に気づき・愛し方を変えるということでした。
(どうしたかというのは書ききれないので割愛します。)

 

1−3愛がインナーチャイルドと結び付く時

 

ではここから女性側に潜む
インナーチャイルドの視点を
お話しさせて頂きます。

経験上ですが「私が守ってあげなきゃ」と
思っている女性の場合、

つまり異性とうまくいかない場合、
その女性とお父さんとの

関係があまり良くなかった事が多いようです。

なぜなら女性の場合、
初めての異性ってお父さんなんです。

女性は、男=異性の愛とはこうなんだ
ということを父親との中で学んでいきます。
再度お伝えしますが、
異性との愛の関係性を父親から学んでいくのです。

では、話を戻します。

実際この女性にはこんな経験があったそうです。
小さい時にお父さんが帰ってくるのが遅かった。

そしてお父さんとの関係の中で、
お父さんを離したくなかったって事が
この女性の中でインナーチャイルドを形成していました。

この時彼女が思った事・・・つまり愛のカタチとは

私が優しくないから、お父さんがどっかに行っちゃうんだと
思ったそうです。

その思いは年月が経ちこんな言葉になりました。
お父さん=異性は

優しくなきゃまもらなきゃどこかへ行ってしまうと
自分で思っていたことを思いだしました。

愛のカタチを思い出したのです。

 

経験上ですが
女性の場合、自分のお父さんとの関係性がいいと
パートナーとの関係性がいいってのがわかります。

歳までお父さんとお風呂に入っていたとか、
お父さんとこんな思いであって楽しかった。

この部分がインナーチャイルドとDVの大元である
愛の関係をカタチ作っているのです。

いいですか?もしかすると・・・
DVの原因は
今の彼氏・今の旦那じゃないかもしれません。

実は女性側自身が、

お父さんのとの関係性が原因で
今の男女・夫婦関係を作っている場合があります。

つまり女性側のインナーチャイルドによって、
DVを生み出している場合があるのです。

この女性の場合は『守ってあげなきゃ』という
インナーチャイルドを癒すことでした。

 

2まとめ

 

この記事では、
実際にあったクライアントのセッションに基づき
お話しさせて頂きました。

彼氏・旦那さんにDVの原因があると言って
カウセリングをする方がたくさんいらっしゃいますが、
彼女・奥さんのインナーチャイルドによって
DVを発生させている場合もあるのです。

もちろん彼氏・旦那さんのインナーチャイルドによって、
DVが起こることもあります。
(注:カウンセリングをしてみないとわかりません)

 

関連記事

  1. インナーチャイルドを癒す効果!仕事編

  2. インナーチャイルドの概念

  3. すべき論の母

  4. 被害者意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ