彼氏・旦那・夫のインナーチャイルド

男性のインナーチャイルドに対して
女性ができる事とは?

今回は男性(夫・旦那・彼氏)が
インナーチャイルドの場合について

お話しさせていただきます。


夫婦であれば、
最悪の場合離婚というカタチになる

ケースもありますから放ってはおけないと思います。

 

お子さんがいれば尚更です。
お子さんの人格形成にも影響してきますからね。


では早速どのように接していけばいいのか
お話しさせて頂きます。

1彼氏・旦那・夫のインナーチャイルドのパターン

 

男性の場合大きく分けると
2つのパターンに分けられます。


①攻撃タイプ

この場合は読んで字の如し、暴力・暴言で問題を
解決する状態です。

 

攻撃タイプは、言ってみれば問題児タイプで、
人間関係でのトラブルが絶えません。

 

自分の感情をそのまま出して生きているため、
ある意味わかりやすいのですが、
人からは「扱いづらい人」のレッテルを貼られます。

 

生まれ持った気質が攻撃型だと、気分屋で自分本位、
コツコツ努力するより冒険を好み、ゲームや遊びが大好きですが、
一度むき出しの箇所を刺激されると、
キレまくって暴力沙汰を起こしたりします。

 

②仮面タイプ

自我状態を常に大人モードにしているので、
インナーチャイルドになかなか気づくことができません。

 

表向きは責任感の強い良識人として生きていますが、
本当は自分のインナーチャイルドを無視していて、
内面の脆さを隠すための完璧主義の鎧で
自分を守っていますタイプです。


また完璧主義の鎧が壊れそうになる場合は、
その場を立ち去ったり、
泣き崩れたり場合によっては
暴力や自傷行為を行うタイプが該当します。

 

ちなみに・・・女性であるあなたは①と②
どちらに当てはまりますか?


これ・・・
後で理解するために必要なので
まず自分自身に対して
自覚をして欲しいのです。

 

そしてあなたの彼氏・旦那・夫はどちらのタイプでしょうか?
この2つのインナーチャイルドのタイプが
理解できたら次に進みます。

 

2彼氏・旦那・夫のインナーチャイルドの原因


先ほどお伝えした2つのインナーチャイルドの原因等は
悲しみと恐怖です。

意外かと思われるかもしれませんが、
両者のインナーチャイルド始まりは共通であり
この2つしかないのです。

 

①攻撃タイプの場合

こちらは男性が幼少期に親との関係の中で、
愛がもらえなかった場合


もう親から愛されないのでは?
一人になってしまうのでは?という
恐怖や悲しみを子供ながらに訴えたのです。


子供らしい訴え方つまり『騒ぐ』ということです。
これが攻撃タイプの場合、悲しみや恐れが拭いきれない場合
騒ぐ=暴力・暴言になるのです。

つまり暴力・暴言というのは、
悲しみ・恐れのインナーチャイルドの訴えなのです。


また一人になるのではないか?
愛されないのではないか?


そんなインナーチャイルドが
傷を触れられ攻撃することで
身を守っているということなのです。

 

女性②×男性タイプ①
あなたが仮面タイプで彼氏・旦那・夫の
インナーチャイルドが攻撃タイプの場合

 

あなたは問題を起こす夫に対し尻拭いをする状態
次から次に問題を起こし、
その責任を取るしっかり者の妻。


まるであなたが
母親で自分の子供をあやしているような状態になります。
私はあなたの(男性)お母さんじゃないんだから!
なんて思ったらこのパターンに陥ってる可能性があります。

 

②仮面タイプの場合


この場合、女性や子供に対して大人であることを要求します。
掃除や食事に対して自分のパターンや
ルールに当てはめようとします。

 

自分自身も常に働いていないと・・・
監視していないと満足できないため
軽い冗談や甘えに対して嫌悪感を抱く傾向があります。


これも攻撃タイプと同じで、
恐怖や悲しみが原因なのです。

 

この男性(彼氏・旦那・夫)の
インナーチャイルドは
主に母親がドラえもんで言うところの

 


スネ夫の母親タイプで、常日頃から
あ〜しなさい!
こ〜しなさい!と言われて育った場合が多いようです。


あ〜しなさい!こ〜しなさい!
言う事聞けないのであれば
お母さんはあなた(子供)の事を愛しません。と言う状態で
何年も過ごしてきたのです。

 

もしあなたにお子さんがいる場合
このような〜しなさい口調になっている場合
お子さんが仮面タイプになる傾向が強いので
要注意です。

 

つまりこの男性のインナーチャイルドというのは、
・ルールに従わなければ愛されない
・しっかりしないと愛されない
このような恐怖や悲しみと言う
インナーチャイルドが、心の中で暴れている状態なのです。

 

ただし、
しっかりとしないといけない!と言う
ルールが有るために、表面上にはあまり感情を出しません。

 

場合によっては・・・
感情を出す事さえイケナイと言うルールを守っているからです。

 


なので女性がこの仮面タイプに対して
「何か思った事あったら言ってよ!」と
コミュニケーションした場合
インナーチャイルドが暴れ始める事もあります。
(厄介ですよね!?)

 

 

3女性(彼女・奥さん・妻)はどうすればいいのか?

原因や仕組みが理解できたところで、
女性側の対処・行動について
お話しさせて頂きます。

 

3−1女性側(彼女・奥さん・妻)の
インナーチャイルドの原因とは

男性側の問題なのになぜ、
女性側のインナーチャイルドを癒す必要があるのか
疑問に思われるかもしれません。

 

実は男性側の問題に対して対応する女性側の
インナーチャイルドいるからです。


女性側のインナーチャイルドの場合、

・言う事を聞かなければ愛されない!
・優しくしなければ愛されない!と言う

 

女性側にも恐怖や、
悲しみからくる
インナーチャイルドで対応しているからです。

 

なので女性側が変わることで、
男性を変えていくと言うアプローチを取っていきます。

 

3−2女性側のインナーチャイルドを癒す。

この場合、女性側の癒えていないインナーチャイルドを測定して
インナーチャイルドワークをしていきます。

 

ここでしっかりインナーチャイルドを癒すことができれば、
男性側の攻撃型・仮面型の応対に
付き合わなくなれるのです。

 

例えば、
女性が優しくなければ愛されないと言う
インナーチャイルドを癒したのであれば、


男性に自立させる視点を持つことができるようになり、
喧嘩や無視といった結果にはなりません。

 

いい状態で離れすぎず、くっ付き過ぎないバランスで
居られるようになり


この状態を続けていくことで、
男性が自立できるようになります。

 

3−3対話で解決する。

会話ではなく対話です。
言うのではなく聴くと言うスタンスで解決させていきます。


「積極的傾聴」と言われる方法で対話をしながら
男性側にあるインナーチャイルドを癒していきます。


セラピストの場合この積極的傾聴を駆使して
クライアントを解放させていくのですが
この方法を使って男性(彼氏・旦那・夫)を解放させていきます。

 

3−4男性側のインナーチャイルドを癒す。

この場合、男性にインナーチャイルドがいることをまずはじめに
自覚してもらう必要があります。


この自覚してもらう事が1つ大きな壁になるのですが、
アドバイスとして
夫婦の事・子供の事を念頭に置き
今後どうなっていきたいのかを明確にします。


つまりそこで男性にもしっかり責任を持って頂きます。

 

そこからセラピストにお願いをして、
インナーチャイルドセッションを受けて頂くのです。


このセッションによって
男性自身の意識していなかった
悲しみや恐怖がなくなり愛で満たされるため
攻撃タイプや仮面タイプを演じなくなります。

つまり心の通ったコミュニケーションが取れるように
なるのです。

 

3−5番外編(エンプティチェアまたはゲッシュタルト)

これは特殊なやり方ですが、
男性側が自覚した場合エンプティチェアと言う
技法を使って過去のインナーチャイルドを癒す方法です。


ここではこのやり方は割愛させていただきます。

 

4インナーチャイルドに愛を触れさせる

ここでは実際にあったお話しを元に
男性(彼氏・旦那・夫)に対し女性が持つ
愛によって昇華させたお話しをさせて頂きます。

 

Sさんの例

それまで、夫が自分の家族の事に対してちょっとでも
意見を言って来られたら、
怒り寸前になるSさんでしたが、

あえて子供時代の自分の寂しかった思いを、
私は旦那さんに話してみるようにお願いをしました。

 

Sさんは勇気を出して
自分のインナーチャイルドについて
旦那さんに伝えてみました。
するとどうでしょう・・・

 

旦那さんは強く見えた奥さんの中にあった、
過去や弱さ、そして心の傷の話を聞いて
大変驚いていたのです。

 

そして旦那さんはこう言ったそうです。

 

いつもお前は強く見えて、しかも頭が良かったから・・・
オレの事をできない旦那!と思っていると感じていたんだと
今まで旦那さんから
聞いたこともない言葉をSさんは耳にしたのです。

 

旦那さんは、奥さんの堂々とした態度から怖さを感じてしまい
わざと妻を困らせるようなことばかりしてきたと言います。

 

旦那さんも小さい時親からは兄弟と比較され、
劣等感に満ちた過去だったことを、
泣きながら教えてくれたそうです。

 

今まで見せたことのない両者の内側・過去にある
状態を相手に話すことで、初めて二人はお互いの本当の気持ちを
理解し合うことができたそうです。

 

旦那さんも奥さんも
実は似たもの夫婦だったってことですね

 

Sさん夫婦は、
これまで内側の状態を隠しながら一緒に生活をしてきた事
それによって傷つけあってきたことを謝罪し、
抱き合って号泣したそうです。

5まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は
男性(彼氏・旦那・夫)にあるインナーチャイルドの
原因や対処方をお伝えさて頂きました。

 

愛で接して行くという事が
すごく大事です。

そしてまずは自分の中にある
インナーチャイルドを癒す事に
注意を向けてみてください。
それが一番の近道だからです。


それから対話などを行ってみてください。
最初は難しいかもしれませんが
少しずつやって行く事で相手の
インナーチャイルドをも癒せる事でしょう。

関連記事

  1. インナーチャイルドとは

  2. 恋愛がうまくいかない。。

  3. 怒りとインナーチャイルド

  4. インナーチャイルドと鬱の関係とは?

  5. 自信がないを克服

  6. インナーチャイルドといじめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ